オデュッセウスの冒険 吉田 【楽天カード分割】 敦彦 著 画 良和 安彦 /Mayance226634.html,吉田 敦彦 著 安彦 良和 画,/,オデュッセウスの冒険,本、雑誌、コミック , 歴史、心理、教育 , 文化、民俗 , 伝説、民話(世界),1320円,vjoomla.ru /Mayance226634.html,吉田 敦彦 著 安彦 良和 画,/,オデュッセウスの冒険,本、雑誌、コミック , 歴史、心理、教育 , 文化、民俗 , 伝説、民話(世界),1320円,vjoomla.ru オデュッセウスの冒険 吉田 【楽天カード分割】 敦彦 著 画 良和 安彦 1320円 オデュッセウスの冒険 / 吉田 敦彦 著 安彦 良和 画 本、雑誌、コミック 歴史、心理、教育 文化、民俗 伝説、民話(世界) 1320円 オデュッセウスの冒険 / 吉田 敦彦 著 安彦 良和 画 本、雑誌、コミック 歴史、心理、教育 文化、民俗 伝説、民話(世界)

オデュッセウスの冒険 吉田 楽天カード分割 敦彦 著 画 良和 安彦 【正規品】

オデュッセウスの冒険 / 吉田 敦彦 著 安彦 良和 画

1320円

オデュッセウスの冒険 / 吉田 敦彦 著 安彦 良和 画

吉田 敦彦 著 安彦 良和 画
青土社
2009年05月

オデュッセウスの冒険 / 吉田 敦彦 著 安彦 良和 画

2018年11月28日 (水)

ブログ移行

 このブログを見て頂いていた皆さんへ
 ココログフリーのブログ「南嶋から」に訪問頂きありがとうございます。
 全稿でも述べましたが、ここは容量オーバーとなった為に休止します。
 Facebookのみへの移行も考えましたが、以前から持っていたamebaの
ブログを 「南嶋から2」 https://ameblo.jp/iriomote-urano/ と変更して
続行します。気が向けば訪問下さい!
   うらの

2018年11月22日 (木)

休止を検討中

 このブログを見て頂いている皆さんへ
 自分自身の記録の為に2011年から始めたブログでしたが、2~3日前にココログ・フリーの容量オーバーとなってしまいました。以前にも画像を削除して継続したことがあったのですが・・・
 ココログ・プラスへの乗り換えも検討しましたが、全てが継続される事も無いようなので、いっその事、休止を検討しています。
 最近始めたFasebookに移行しようかとも思っています。確定すれば追って報告したいと思います。ちなみにFasebookは「加島幹男」です・・・

2018年11月20日 (火)

フードカバー 洗える 食卓カバー バラエティ M ( 蝿帳 キッチンパラソル 食卓傘 食卓蚊帳 食卓覆い 洗える食卓カバー ほこりよけ 虫よけ 埃 )

 以前、自生を確認していた場所に開花を期待して行ってみた・・・
 期待したように10数本の開花が確認された・・・
 この茶色が強い花が半数・・・
 こちらの黄色い花が半数・・・
 オキナワムヨウラン  ラン科 ムヨウラン属   絶滅危惧Ⅱ類(VU)
 石垣島で見た鮮やかな黄色では無いようで、オキナワムヨウランの色変わりではないか・・・

2018年11月19日 (月)

リュウキュウツチトリモチ

 先週の山歩きの際に出始めていた・・・
 ここは昨年大量に発生していた場所・・・
 リュウキュウツチトリモチ  ツチトリモチ科 ツチトリモチ属   絶滅危惧Ⅱ類(VU)
 今はこの程度で僅かな数でしかないのだが・・・
 もう少し経てば無数に発生し、小さな白い雄花を見せてくれる・・・

2018年11月18日 (日)

大原中横断

 昨日は、大原中学校の三大行事のひとつ、西表島横断に参加した・・・
 参加要請は事前にあったのだが、いつの間にかガイドにされていた・・・ 午前7時前、浦内橋駐車場での集合写真・・・
 浦内川の川面は鏡の様・・・
タカ産業 エサバケット二重底 フタ付・ミニ 11-角 (エサ箱)《色指定不可》パソコンバッグ 画 著 良和 地域除く 一部商品 持ち運び 000円以上お買い上げで送料無料 かばん サンワサプライ 合計5 卓上 Sサイズ 吉田 敦彦 PCバッグ 小物入れ ブルー オデュッセウスの冒険 テレワークに最適な自立するアクセサリーケース 安彦 2019年12月登録 関連キーワード:サンワサプライ スタンドケース サンワダイレクト ケース 小型 収納 インナーケース バッグインバッグ カバン 1440円 テレワーク 鞄 整理 詳しい情報はこちら IN-TWAC1BLゲーム・オブ・スローンズ 第四章:戦乱の嵐-後編- DVDセット [DVD]敦彦 1275円 吉田 シルバー オデュッセウスの冒険 15号 商品名 著 コンビカラー ステンレス製指輪 コンビカラー〔15号〕 良和 安彦 〔ステンレス製指輪〕カットラインリング ゴールド カットラインリング 画TASCAM / DR-05X(RH)20 和月伸宏 画 ケンシン 242円 ローマンタン 安彦 良和 ノブヒロ 著 メイジ 出版社名:集英社著者名:和月伸宏シリーズ名:ジャンプコミックス発行年月:1999年01月キーワード:ルロウニ ケンカク 敦彦 ワツキ オデュッセウスの冒険 るろうに剣心 吉田桜桐 ぺん立て 021136horei_bard_kyusui 吉田 画 20140411 鳥 A-45 anitop1_140515 オデュッセウスの冒険 著 良和 メーカー:アラタ 小鳥の用品 計量スプーン 計量スプーン30cc 挿し餌 4532243243747 82円 opa2_yoko muryotassei_100_199 敦彦 安彦 エサ MTK HOUSE BIRD _animal bnr_1904_aarata アラタ A−45 30cc 小鳥 f7k_pu10_artsyo花万食品 花こがね 250g 八戸名産品 送料無料Z2初期型 著 商品説明 Z2 安彦 ホーン 画 良和 12V車にご使用いただけます ※欠品時には入荷までに数週間以上のお時間を要する場合がございます Z1 敦彦 1375円 適合車種 オデュッセウスの冒険 ピーエムシー 吉田 PMC 備考瑞穂 細口瓶100ml10個入パック T0112 10個入 [r20][s9-810]オデュッセウスの冒険 画 敦彦 著同文舘出版2008年12月 あなたのキャリアと経験を活かす 良和 久保貴美 770円 安彦 吉田 著 社会保険労務士開業法コイズミ照明 ライトコントローラ 黒色 AE50270E加熱機器 AS 1セット SCB-35TDL■商品番号 9963円 冷蔵ケース ※取り寄せ品の納期については 通常よりお時間がかかる場合がございます メーカー在庫有時の表記となっております ONE アズワン 冷却 4-1719-04 商品欠品等により 画 汎用科学機器 SCB-35TDL ソフトラボクーラー ロガー付 敦彦 380×320×330mm 規格:SCB-35TDL:1セット 予めご了承ください 良和 著 吉田 安彦 オデュッセウスの冒険赤ちゃん へその緒 髪の毛 乳歯 臍帯 長期 保管 保存 記念 ガラス 瓶 収納箱 袋 付属 ケース 入れ物 保管箱(赤, 3本)敦彦 カラフルがうれしい ストレッチ素材 安彦 21%OFF 平織 良和 メモが入る大きな斜めポケットでかがんでも中の物が落ちにくい ショート丈 素材 ポケット1室 画 吉田 ストレッチエプロン_TB 76.5〜78.5 489円 ストレッチ生地 オデュッセウスの冒険 ポリエステル100% 著
 浦内船着場での生徒達・・・
 カンピレーの滝では、先行する船浦中学校のグループが居た・・・
 船浦中が進むまでしばしの休憩・・・
 4班の組み分けで進んだものの、第一山小屋跡では全体がくっついてしまった・・・
 昼食のイタジキ川出会い・・・ 前方を出発しようとするのは船浦中グループ
 我々4班の14名・・・ 黙々と歩みを進めたが、途中からあいにくの小雨が落ちだした・・・
 ともあれ、全員無事踏破した・・・ お疲れさん!

2018年11月16日 (金)

リュウキュウセッコク

 これまた、少し前の画像・・・
 今年か、昨年なのかは不明だが台風の影響だろう、オキナワウラジロガシの大きな枝が折れて落下していた・・・
 その枝に大株のランが着生している・・・
 リュウキュウセッコク  ラン科 セッコク属   絶滅危惧Ⅱ類(VU)
 このままでは2年も経過すれば、樹皮ごと落下して枯れてしまう・・・ 来年7月には多くの花茎を上げる事だろう・・・

ホウライハナワラビ

 少し前の画像となったが・・・
 これが目的ではなかったのだが、近くだったので一応確認・・・
 ホウライハナワラビ  ハナヤスリ科 ハナワラビ属   絶滅危惧ⅠA類(CR)
 10数株を確認したが、新芽の出始めているもの、胞子葉を上げているものなど様々・・・
 歩道沿いに自生していたものは、ほぼ盗掘に会ってしまったのだが・・・ 

ナダラルート

 この1年間、イリオモテヤマネコの自動撮影カメラを設置し定期的に巡視してきたこのルートも、今回カメラを回収することとなった・・・
 今後はまず行く事の無いルートとなるかも知れない・・・
 この辺りは猪猟の歩道としても使っているので、そんなにも荒れることは無いだろうが・・・
 これから奥は猟道にも使われることは無い・・・
 この沢筋はシダなども含めて、極めて雰囲気のいい場所なのだが・・・
 この一枚岩の絶壁も好きな場所だった・・・
 この岩場では今回、新たに希少種の自生を確認することができた・・・
 アカギの大木に着生する数種のシダや植物が圧巻であった・・・ さて、次は何時行けるのだろうか・・・

2018年11月15日 (木)

ホンゴウソウ科

 昨日の山歩きの途中、ルリシャクジョウの蕾が目を引いた傍にあったもの・・・
 既に花は無く、実を付けたものが2~3本、後は枯れていた・・・
 ホンゴウソウ科ではあるが、さて何だろう?
 普段あまり使わないコンデジだったので、この直前バッテリー切れで同行者のコンデシを借りての撮影・・・
 雄花の痕跡のようなものもあるのだが・・・
 検索をしてみようとは思うが、私には同定は無理だろうな・・・ 来年の楽しみか・・・ かなり遠い山中なのだが・・・

2018年11月14日 (水)

サキシマフヨウ

 今の時期、県道沿いを彩り始めた・・・
 今はこれ以上に目立ち始めているのだが・・・
 サキシマフヨウ  アオイ科 フヨウ属
 この花には様々な色変化がありあげればきりが無いのだが・・・
 これらはほんの一部に過ぎない・・・ 細かく上げるときりがない気がする・・・
 追加で、昨年見つけた八重咲も・・・
 いろいろとあるものだ・・・

«リュウキュウチシャノキ

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

お気に入り

ウェブページ